引越し やること リスト

8.いよいよ引越し当日!1日の流れを教えます

引越し当日はどのように過ごせば良いのでしょうか。

 

おおまかなイメージをご紹介しましょう。

 

 

■引越し業者が来る前に

 

引越し業者が到着する前に、荷造りを終わらせておくことはもちろんですが、できれば各箇所の点検もしておきましょう。

 

午前中・午後それぞれの引っ越しによってできることは変わってきます。

 

しかし、まずは朝起きて、身支度を整えたら食事を取っておきましょう。

 

洗い物が出ないようにした方がベターなので、調理済みのものをあらかじめ用意しておいた方が良いでしょう。

 

ちなみに、冷蔵庫も持っていく場合には、前日から電源を抜いて水抜きしておくことが必要です。

 

ですから、常温でも大丈夫なおにぎりやパンなどがおすすめ。

 

到着前には最後の荷造りを済ませます。

 

朝の支度に使った洗面用具などをしまいましょう。

 

あらかじめ1つ専用の段ボールを準備しておくと便利ですよ。

 

そして、部屋のすべての箇所や屋外にも忘れ物がないかを確認します。

 

これらすべてができた状態で引越し業者を迎えるとスムーズです。

 

 

■引越し業者が到着。その後は…

 

引越し業者が到着したら、簡単に運ぶものなどの最終チェックを行ないます。

 

ここで疑問に思うのが、手伝った方が良いかですよね。

 

基本的には、スタッフにお任せして、手伝わなくても大丈夫です。

 

邪魔にならない場所で見ていたり、できる部分から掃除を始めておくなどといった対応が一番無難だと思います。

 

また、段ボールのチェックリストなどを作成している場合には、それと照らしあわせて搬出されたものを確認しておくと良いでしょう。

 

荷物がすべて運びだされたら、部屋をていねいに掃除しましょう。

 

その後、管理会社や大家さんの立会いのもとで部屋の使用状況を確認します。

 

 

 

■いよいよ新居へ

 

さて、いよいよ新居へ向かいます。

 

短距離引越しの場合は、当日に新居へ移動することが多いかと思います。

 

この時、忘れずに持って行きたいのが掃除道具です。

 

もし可能であれば、引越しスタッフが到着する前に、ある程度そうじをしておいた方が良いでしょう。

 

荷物が搬入された後には、荷ほどきを始めます。

 

生活に必要なものから順に始めましょう。また、ベッドなどすぐに使う家具の組み立ても併せて行ないます。

 

引越し会社の多くは、不要になった段ボールを回収してくれます。

 

一箇所にまとめてひもでくくっておきましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

私もそうでしたが、引越し当日の流れを大まかにでも理解していないと、やるべきことが見えにくいですよね。

 

スムーズに作業を進めるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。