引越し やること リスト

3.リーズナブルに引越しをするための鍵は「時期」にあり!

引越しは家計にとってもかなりきついものがありますよね。

 

ですから、よりリーズナブルに引越しをしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

 

今回ご紹介するのは、リーズナブルに引越しをするためのちょっとしたテクニック。

 

「時期」や「曜日」にこだわるのがポイントです。

 

 

■引越しシーズンは設定料金が高くなる

 

まず、時期によって引越し料金も変わるということを覚えておきましょう。

 

もっとも高いのは、やはり多くの人が引越しをする時期です。

 

具体的には、2〜4月の新生活が始まる時期が繁忙期だと言われています。

 

さらに、夏休み期間である8月や、転勤者が増える9〜10月も割高になっているのです。

 

もし可能であれば、このような時期は避けるのがベストです。

 

ちなみに、最も安いと言われているのは1月。

 

 

 

■少しの「我慢」でリーズナブルに引っ越す3つの方法

 

ただ、引越しシーズンは避けた方が良いとは言っても、
お仕事や学校の都合などで難しいケースの方が多いと思います。

 

ここからは少しの「我慢」でよりリーズナブルな引越しをする方法をご紹介しましょう。

 

 

1.休日は避ける!

 

土曜・日曜・祝日などの休日に引越しをしたいと考える方はやはり多くいます。

 

そのため、このような日程は予約が取りづらく、コストも多くかかってしまうのです。

 

可能であれば、有給休暇を取るなどして平日に引越しをした方がかなりお得になります。

 

 

2.縁起を気にしなければ「仏滅」がおすすめ

 

結婚式を挙げる日程は「大安」が良いというのは聞いたことがあるでしょう。

 

日本では、このように「六曜」の考え方を大切にしていますよね。

 

実は、引越しも「大安」にすると縁起が良いのだそうです。

 

私も知りませんでした。

 

このような考え方があるため、「大安」が高く、縁起が悪いという「仏滅」が安いという料金設定になっているのです。

 

ですから、六曜を気になさらないのであれば、「仏滅」を選ぶだけでもかなり料金が変わってきますよ。

 

 

3.業者のサービスを利用する

 

業者のサービスを活用するという方法もあります。

 

たとえば、アート引越センターでは、「待ち割」というサービスを提供しています。

 

これは、まず希望の日程を決め、そこから前後2日間ずつの余裕を設定します。

 

つまり、3日に引越しをしたい場合は、1・2・(3)・4・5日の5日間の中から、予約のない日に引越しをするということ。

 

この条件を飲めば、なんと規定価格から半額にしてもらえるというのです!

 

ただし、繁忙期には利用できないこともあるというので注意してくださいね。

 

 

このように、ただ日程を決めるのではなく、
どのような日を選べばお得になるのかを考えながら進めるのが、リーズナブルな引越しの鍵です。

 

ちなみに、料金が変わるのは業者の忙しさに比例しています。

 

ですから、まずは業者が忙しい時期・日なのかどうかを考えてみるのが良いでしょう。