引っ越し やることリスト

2.失敗しない引越し業者選びのコツ

引っ越しはやることがとても多いので、面倒に感じて適当にしてしまう方も多いと思います。

 

私自身も、これまでに3度引っ越しを行なっているのですが、人にすすめられとか、テレビでCMを見たというだけで業者を選んできました。

 

幸い、私の場合は特に「こんなはずじゃなかった!」ということはなかったのですが、失敗しない業者選びにはコツがあります。

 

引越し業者にも種類があります。

 

「大手」か「中堅」かどうかもその一例ですね。

 

私はどちらも利用したことがあるのですが、やはりそれぞれにメリットとデメリットがあるのです。

 

 

■大手引越し業者

 

やはり、有名どころにお願いすると「安心度」と「クオリティ」が違います。
かゆいところに手の届くサービスを提供してくれると言えるでしょう。

 

たとえば、引越しをすると、郵便物の届く住所変更はもちろん、
それに伴いガス・電気・水道や新聞、NHKなどさまざまなサービスの住所を変えなければいけません。

 

アート引越センターでは、このような各種サービスを代わりに行なってくれる「ワンストップサービス」を提供しています。

 

 

また、梱包に関するサービスも充実していますね。

 

同じくアート引越センターですと、梱包材を使わず、専用ボックスに食器を詰めるだけでOKな「エコ楽ボックス」を提供しています。

 

サカイ引越しセンターでは、電気製品を静電気の発生しにくいキルティングで梱包してくれたり、
有料にはなりますが和服についても専用の和装ケースを用意してくれたりします。

 

このように、充実したサービスも含め、
より「楽」で「安心」な引越しを考える方におすすめなのが大手引越し業者です。

 

しかし、その分料金は少し高めになります。

 

 

■中堅引越し業者

 

中堅引越し業者を利用する最大のメリットは、やはり「コストパフォーマンス」です。

 

私も以前、不動産会社さんの紹介で中堅引越し業者を利用したのですが、まずはその値段に驚きました。

 

その時は、担当さんから紹介を受けたことを伝えたところ、最初に提示された金額もかなりお手頃なお値段だったのです。

 

さらに、「ご契約いただけるなら○円程度まで下げられるよう、上司と交渉してみますがいかがでしょうか」と言っていただけました。

 

結果的には、通常高いと言われている土日を指定し、不要品の処分もたくさんお願いしたにもかかわらず、
3万円前後というお値段で引越しをすることができたのです。

 

このように、コストパフォーマンスを重視して引越しを考えているという方におすすめなのが中堅引越し業者です。

 

デメリットとしては、その他のサービスの充実度が大手と比べると少ないことでしょうか。
また、中堅引越し業者は最も数が多いです。

 

ですから、利用する前によく評判を確認した方が安心して利用できますよ。